2017年08月22日

パパと合流だよinリペ島


日本に帰国しました、rieですっ!24日間のタイ旅行は、とっても有意義な旅行になりました。でも、旅行は2週間で満足かなって。子供の時に感じた時間と、大人の時に感じる時間って、全然違うんだなってね。体力も笑
改めて思うのは、日本が一番だってこと。良いところも悪いところも、ひっくるめて日本が一番!蓮士も泰志も日本の価値観を持ちつつ、色んな国の文化を知って学んでほしいと、育児方針を決めたrieです。



旅はハジャイ行きの夜行バスからです。

8月11日(金)
昨日の20時にラノーンを出発し、ハジャイに向けて夜行バスは走ります。何度か検問でバスが止まりました。タイ南部にあるハジャイは、テロの爆発が起きていて、日本外務省海外危険レベル3(渡航は止めてください)、不安の理由はここにありました。バスの中にもヒジャブ(顔や体を覆う布)を着ている女性が多くいてドキドキ。本当はクラビ経由で遠回りしてでもいいからリペ島に行きたかったのですが、雨季シーズンはリペ島へ行くボートがあるパクバラ港までのバスが無いとのことで、結局、クラビに行っても、ハジャイに行かないとダメだよって言われました。(車をチャーターすれば良かったかもしれないのですが、それこそ、子供と私しかいない日本人で、金品を狙われたらと思うと、大勢いるバスの方が安心。)

バスは満席以上の混雑!補助席ではなく、地べたに座るタイ人もいました。

IMG_5659.JPG



そんなこんなで、夜行バス、長距離、2等バス(庶民バス)、街灯が無い真っ暗な夜道を、ガスリンスタンドで給油とトイレ&コンビニ休憩を2回して、走り続けること7時間。

朝4時に、ハジャイバスターミナルに到着。バスの冷房効き過ぎ〜、疲れた〜、長かった〜、眠い〜。

IMG_5661.JPG



周りは真っ暗。ハジャイバスターミナルの周りは怪しい人がいっぱい笑
どこ行くの?って、色んな人に声をかけられてビビり、携帯の電池もモバイルバッテリーもPCも充電が無くなったので、仮眠と充電できる宿を探します。

旅行ツアー会社のデスクが6時にオープンするので、2時間の滞在で、できるだけ安い宿を探そうと思っても、バスターミナルの周りにはたくさんあって、30分ぐらいウロウロ。250バーツの宿を見つけ、子供達の体を綺麗に&仮眠&充電を完了し、ツアー会社で、ハジャイ→パクバラ港→リペ島のジョイントチケットを購入しました。

ハジャイターミナル前にあるツアー会社です。ここで、7:30の迎えのバスを待ちます。隣にロータスのコンビニがあるから、ジュースやお菓子を買います。

IMG_5670.JPG



ハジャイから他のエリアに行くバスやロットゥーの予約もできます。

IMG_5668.JPG



太陽が昇る朝日と屋台を準備している様がとっても美しかった。

IMG_5665.JPG



ハジャイは、イスラムと中国が入り混じった独特の文化で、パパがいたらもう少し感じ方が違ったかもしれないです。
今日は、パパとリペ島で合流です!2週間ぶりに会えると、蓮士も泰志も、楽しみ!!



7:30にハジャイ→パクバラ港へ出発します。ロットゥーで1時間30分でパクバラ港に到着!

IMG_5695.JPG



パパいるかな〜って、蓮士と泰志と話していたら、ロットゥーの車を開けた瞬間、目の前にパパがいました。
「パパいた〜!」って、大爆笑!神様って本当にいるんだね〜笑

DSCN0961.JPG



台風が近づいていて波が高くて、なかなかボートが出発しませんでした。パパと私達のジョイントチケット(ツアー会社)が異なるため、先にパパのボートが出発。30分後、私と蓮士と泰志のボートも出発。思った以上に、ボートの揺れ&跳ねで、最初は笑っていた人たちも、次々と嘔吐のパレードと悲鳴が。。。

パクバラ港〜リペ島まで1時間で到着。リペ島は浅瀬のため、スピードボートの乗り入れができず、テールボートに乗り換えます。先に出発したパパを探しても見つからず、20分後にパパのスピードボートが桟橋に到着。徐行運転していたみたいで、1時間30分かかってました。ボート会社によって、運転方針が違うみたいです。

やっと着きました、念願のタイ最後の楽園、リペ島!!!お天気はイマイチだけど、海が綺麗〜。

DSCN1016.JPG



ホテルのスタッフが桟橋で迎えに来ていました。
アキラリペリゾートホテル、直接プールへアクセスできる部屋を予約しました。最高!

DSCN1042.JPG



疲れた〜、でも子供達は元気!夜はホテルから歩いて10分のウォーキングストリートで、明日のシュノーケルツアーの予約と晩御飯でタイ飯!

全く辛くないソムタム!青パパイヤのサラダです。超絶美味しくて、レシピ勉強しましたよっ♪

IMG_5712.JPG



やっとパパにも会えて、リペ島に来れて、幸せ。
タイの旅も終盤にさしかかってきました。
つづく
posted by bpc at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180734707

この記事へのトラックバック