2017年08月10日

ドタバタで大変inチェンマイ〜カンチャナブリ!

タイは田舎にいくほどwifiが無いと学びました。ネット環境が無いとオロオロするrieです。

チェンマイの次はカンチャナブリ行きますっ!ドタバタですごく疲れました。。。

8月4日(金)
今日はチェンマイ最後の日。

ホテルの支配人のチャーリーさんとパチリ、日本語が話せて、色々お世話になりました。

IMG_3804.JPG



午後1時の飛行機に乗るため、荷物をまとめチェックアウト。蓮士とお世話になったスタッフに一緒に折り紙で鶴を作ってプレゼントしました。

IMG_3937.JPG



ホテルを出発し、順調に道を走っていると、チェンマイ空港の手前の橋が封鎖されていました。レンタカーも返却しなくちゃいけないから、慌てて、隣の車のタイ人にカーウィンドウを下げて、いつ道がオープンするか聞いてみる。
待つこと15分。道がオープンし、一斉にバイクと車が走り出し、私も負けじと空港まで飛ばします笑

IMG_3978.JPG



ガソリン満タンに返却する予定が、1モメリ減ってしまったので、200バーツ追加で支払い、猛ダッシュでセキュリティーを通り、エアアジアのカウンターへ向かいます。締切5分前。あぁ、良かった〜、間に合った〜、って、1時間のディレイ。おぉい、っと自分で自分に突っ込む。。。

これから何かが起きる予感。でも、不安な気持ちも、蓮士と泰志の笑顔に救われます。一人旅が多かった私にとって、子供達はある意味、私の旅のパートナー、素敵。

IMG_3988.JPG



ここで、アクシデントが!!!バンコクのドンムアン空港に乗る飛行機に搭乗したら、CAさんに、「このは飛行機はスラータニー空港行きで、ドンムアン空港は次だよ」って。間違っているなら、何でチケットを受け取ったんだ!?座席に座る一歩手前でした。危うくニュースになるところだったよ。

スラータニー行きはファランが多かったので、調べてみると、スラータニー空港から1時間ほどで、サムイ島&パンガン島のフェリー乗り場があるようです。パーティーピーポーが大好きな島ですね。私もいつか訪れる日が来るでしょう。

IMG_3992.JPG



2度目のエアアジア。LCCは過去の苦い思い出があるので懲り懲りって思っていても、タイで国内線を利用する場合は、すごく安くて便利!1人3000円って、新幹線より安い!!

泰志も飛行機に乗って、テンションMAXの顔がコレ笑

IMG_4017.JPG



ドンムアン空港に1時間遅れで到着。チットロム(北バスターミナル)行きのA1バスを探します。11出口を出たらバスがあるよって教えてもらって行くと、出発する目前のA1バスを発見!すぐに乗り込みます。

先に子供をバスに放り投げ、優しそうなタイ人女性に子供を見てもらって、手荷物を座席に置き、ベビーカーとトランクを両手に抱え、ものの3分で乗車。「パワフルね。」この旅行で、タイ人によく言われました。できないことは無い、やることに意味がある、最近この言葉。私の中で流行ってます笑

街中は渋滞。とりあえず、チットロムまで行けば、カンチャナブリ行きのロットゥー(相乗りバン)があるので、、時間に縛られずにゆっくり行くぞと余裕をかましてみる。

IMG_4032.JPG



チットロム(北バスターミナル)に到着。着くや否や、スコールの土砂降りで早くターミナルの中へ避難し、カンチャナブリのロットゥーを探します。大人1人120バーツ、子供120バーツ、泰志無料、荷物代120バーツです。すぐに出発するって言われて、晩御飯を食べる時間が全く無く、可哀想だけど、カンチャナブリまでお菓子で我慢してねって蓮士に言ったら、「やったー、お菓子が良い」って。子供は気楽でいいよなぁ。

16時過ぎにチットロムを出発し、カンチャナブリへ。もうこれが、渋滞中の渋滞で、通常2時間30分かかる道が4時間もかかって、週末の金曜日はどこの国でも混雑するんだな〜って、カンチャナブリに着いたのが20時30分。疲れた〜、しんどい〜。

お腹を満たすべく、カンチャナブリバスターミナル前の屋台でタイラーメンとスイカジュースを食べる。
ここでも泰志は大人気、私以外の人がムチムチしてる泰志の腕を触ると、「触らないで〜!」っと一著前に怒る泰志。可愛い。

IMG_4051.JPG



ホテルまでソンテウで行きます。貸切ソンテウ150バーツ。子供達はまだまだ元気。

IMG_4069.JPG



チェンマイから9時間弱でカンチャナブリのホテルに到着。荷物を置くなり、即寝落ちしました。
アクシデントはまだまだ続く。。。の旅。

posted by bpc at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180614851

この記事へのトラックバック